人気がある成分がヒアルロン酸とコラーゲンです。

美容や健康に関心がある人に、人気がある成分がヒアルロン酸とコラーゲンです。これらの成分は効果的に関節の動きをスムーズにしたり、肌の保湿をすることができます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは同じような成分だと思っている人もいるようですが、実際は全く違います。ヒアルロン酸とコラーゲンはそもそも、元になる物質がまったく違うものだといいます。

 

ムコ多糖類に分類されるのがヒアルロン酸で、糖の一種です。対してコラーゲンはたんぱく質のひとつです。
人体に存在するたんぱく質のうち、およそ3分の1がコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞を結びつける働きがあります。

 

コラーゲンが不足した肌は弾力がなくなり、たるみやしわが目立つようになります。もともと関節にあったコラーゲンが減少してしまうと、悪化するのが関節の働きで、痛みやきしみが起こってしまうでしょう。

 

一方、コラーゲンは体内の保水に関わっている成分であり、1グラムのコラーゲンは6リットルの水を保持できるといいます。体の中にいろいろなところにコラーゲンが含まれています。

 

肌の真皮層や関節にたくさんあるようですが、肌の潤いがコラーゲンが減少することで少なくなってしまうといいます。肌の水分をキープしているのはコラーゲンで、肌の細胞を結び付けているのはヒアルロン酸なのです。

 

ヒアルロン酸もコラーゲンも加齢と共に失われがちですが、肌の乾燥を防ぐためにはとても大事な成分です。

 

 

「すっぽん小町」 公式サイトはこちら    ↓ ↓

TOPへ