栄養補助食品とは、健康の保持・増進に役立つものとして販売されています

十分な栄養が毎日の食事だけではしっかりと摂れないというときに、栄養補助食品で不足しがちな栄養素を補うのです。
食品として売られている栄養補助食品ですが、一般的な食品とその見た目は異なるといいます。

 

外観だけで言えば薬に似ており、錠剤、顆粒、ドリンクなど様々な形があります。栄養補助食品は、錠剤タイプのものがたくさんあるので薬と間違えられやすいようですが、薬ではないのです。

 

明確な定義はありませんが、健康の保持・増進に役立つものとして販売されるものです。食品とは異なるものとして認知されていますが、法律では食品として定められれいます。

 

当然のことですが、錠剤型の食べ物は自然界にはありませんから、栄養補助食品が食品だと考える人は少ないのだといえるでしょう。保健機能食品制度が、1991年に制定されました。栄養補助食品の中でも国の定めた一定の規格を満たすと、保健機能を表示できるようになりました。

 

これらは保健機能食品と言われるものです。認定マークなども業界団体が決めているのでついているようです。錠剤型が多い栄養補助食品は摂取しやすく、食品と同等とはいっても過剰摂取によって体に不調がおきることがあります。

 

栄養補助食品を摂取する場合に大事なのは、よく考えて錠剤か、顆粒か、成分はどんなものがいいかをチェックしてから良いものを選ぶことです

TOPへ